Mar 17, 2015

学振PDも研究機関で健康診断を


7

独立行政法人日本学術振興会『特別研究員制度の趣旨等』が平成27年度に以下の様に変更になりました。

 

『特別研究員制度の趣旨等』より引用(下線は筆者による)
———————–
12.受入研究者、受入研究機関の義務等について
(3) 受入研究者及び受入研究機関は、特別研究員に係る安全衛生管理について機関内規則等に基づき必要な指導を行ってください。また、機関内で健康診断を実施する場合に受診を認めるなどの配慮をしてください。
———————–

そこで、受け入れ機関である現在の大学に問い合わせをしたところ、配慮を求められてるのは機関なのに、私が要望書の提出を求められたので、なんとなく、腹も立つし(途中のメールのやりとりでの待遇がアレな感じだった)せっかくなので、要望書のテンプレをupします。

みなさん、受入れ機関で健康診断を受けましょう。私の場合は教職員と同様の待遇で受診出来ることになりました。

ちなみに、30代の人は各自治体で若年層健康診断というものも無料で受けられると思います。

Posted in Blog NewsComments Closed 

関連記事