Publication

Jul 8, 2012

研究業績(論文/学会)


業績/出版

原著論文(計6報:1st 4報 + 共著2報)*記載順はPubMedママ
検索はこちら PubMed

6. Misato Yasumura, Tomoyuki Yoshida, Maya Yamazaki, Manabu Abe, Rie Natsume, Kouta Kanno, Takeshi Uemura, Keizo Takao, Kenji Sakimura, Takefumi Kikusui, Tsuyoshi Miyakawa, Masayoshi Mishina
IL1RAPL1 knockout mice show learning deficiency, memory decline, hyperactivity and reduced anxiety-like behaviours.
Scientific Reports. 4: 6613 (2014)

5. Tatsuya Hattori, Kouta Kanno, Miho Nagasawa, Katsuhiko Nishimori, Kazutaka Mogi, and Takefumi Kikusui.
Impairment of interstrain social recognition during territorial aggressive behavior in oxytocin receptor-null mice.
Neuroscience Research. 90, 90-4 (2015). Epub 2014 Jun 12.

4. Kouta Kanno, Hiroki Kokubo, Aki Takahashi, Tsuyoshi Koide and Shoichi Ishiura.
Enhanced prepulse inhibition and low sensitivity to a dopamine agonist in Hesr1-knockout mice.
Journal of Neuroscience Research. 92 (3), 287-97(2014).

3. Kouta Kanno and Shoichi Ishiura.
The androgen receptor facilitates inhibition of human dopamine transporter (DAT1) reporter gene expression by HESR1 and HESR2 via the variable number of tandem repeats.
Neuroscience Letters.
525 (1), 54-59 (2012).

2. Kouta Kanno and Shoichi Ishiura.
Differential effects of the HESR/HEY transcription factor family on dopamine transporter (DAT1) reporter gene expression via variable number of tandem repeats.
Journal of Neuroscience Research.
89 (4), 562-575 (2011).

1. Kouta Kanno, Satoshi Shima, Yuki Ishida, Korehito Yamanouchi.
Ipsilateral and contralateral serotonergic projections from dorsal and median raphe nuclei to the forebrain in rats: Immunofluorescence quantitative analysis.
Neuroscience Research.
61 (2), 207–218 (2008).

 

総説
2. 菅野康太
「マウス音声コミュニケーションと社会性はどのように評価されるべきか?」
ベビーサイエンス Vol. 15 (2015)
(日本赤ちゃん学会誌)

1.     Kouta Kanno and Shoichi Ishiura.
Genetic Variants of the Dopaminergic System in Humans and Model Organisms. Chapter 10 in “From Genes to Animal Behavior” (Springer). pp227-237 (2010).   SpringerのHP

 

著書
行動生物学辞典』(東京化学同人)2013年11月22日
分担執筆

 

賞罰
科学研究費新学術領域「共感性の進化・神経基盤」
第2回チュートリアル(2015年9月5日)
若手優秀発表賞

 

論文(査読無)
2. 菅野康太
サイエンスコミュニケーションにおける知識のマッピング
可視化情報学会誌 2010 Vol. 30 Suppl. No.1 243-244.

1. 菅野康太
低関心層を振り向かせるサイエンスコミュニケーション
―文脈モデル実践のための具体的な異分野とのコラボレーション
(副専攻科学技術インタープリター養成プログラム 2009年度修了論文)
pdfダウンロード(東大副専攻HP)

 

シンポジウム/講演
3. Kouta Kanno
Individual differences of courtship ultrasonic vocalizations and its neuronal correlates in male mice
Tohoku Forum for Creativity Frontiers of Brain Science
Development and Disease
Aug 25, 2015
Auditorium of the International Center for Smart Aging Research Seiryo Campus, Tohoku University

2. 菅野康太
「マウス超音波コミュニケーションの意味を巡って」
発達心理学会 第26回大会 大会委員会企画シンポジウム
赤ちゃん学が発達心理学に期待するもの
2015年3月20日(金) 伊藤謝恩ホール (伊藤国際学術研究センター)
共同企画:日本赤ちゃん学会若手部会
司会者:篠原郁子(国立教育政策研究所)
[招待]

1. 菅野康太
「マウス超音波コミュニケーション:その意味の理解を目指して」
第20回「性と生殖」公開シンポジウム
「人間科学における神経内分泌研究の展開」
2014年12月20日(土)早稲田大学所沢キャンパス 212教室
オーガナイザー:山内兄人(早稲田大学 人間科学)
[招待]

 

国内学会発表
Yui Matsumoto, Akari Asaba, Kouta Kanno, Takefumi Kikusui, Kazuo Okanoya.
Female preference for male’s vocalizations in C57BL6/J mice.
日本動物心理学会第76回大会. 北海道大学 学術交流会館. 2016年11月24日(ポスター).

松本結、浅場明莉、菅野康太、菊水健史、本田学、岡ノ谷一夫
社会的場面におけるマウスの発声型とその機能
日本動物行動学会大35回大会. 新潟大学五十嵐キャンパス. 2016年11月12日(ポスター).

菅野康太、菊水健史
雄マウス求愛発声と性ホルモンおよび性行動の関係
第42回日本神経内分泌学会 回日本神経内分泌学会 第23回日本行動神経内分泌研究会 回日本行動神経内分泌研究会 合同学術集会
仙台市戦災復興記念館 2015年9月18-19日(ポスター)

菅野康太、菊水健史
マウス求愛発声の個体差とそれに伴う情動行動および脳活動
Individual differences in mice courtship vocalizations are correlated with sexual emotion and neuronal activity in the ventral tegmental area
第38回神経科学大会. 神戸ポートアイランド、2015年7月29日(ポスター)

菅野康太、浅場明莉、横山和樹、永澤美保、茂木一孝、菊水健史
強制音声曝露による雄マウス超音波発生の変化
Artificial auditory environment can modulate male mice vocal characters
Neuro2013. 国立京都国際会館、2013年6月22日(ポスター)

菅野康太、小久保博樹、相賀裕美子、高橋阿貴、小出剛、石浦章一
ドーパミントランスポーター発現制御候補因子Hesr1/2 ノックアウトマウスの行動解析
Behavioral analysis of mice lacking Hesr1/2 gene which are candidate modulators for dopamine transporter expression.
第34回日本神経科学大会. パシフィコ横浜、2011年9月15日(ポスター)

菅野康太、石浦章一
繰り返し配列多型を介したドーパミントランスポーターに対するHESR ファミリーの影響とそのマウス脳での局在
Effects of transcription factor HESR family on dopamine transporter expression
via variable number of tandem repeat and their localization in the mice brain.
Neuro2010. 神戸ポートアイランド、2010年9月2日(ポスター)

菅野康太
サイエンスコミュニケーションにおける知識のマッピング
第38回可視化情報シンポジウム. 工学院大学. 2010年7月22日(口頭).

菅野康太、石浦章一
ドーパミントランスポーター発現制御因子Hesrファミリーの局在解析:マウス脳での免疫組織化学
Localization of Hesr family, regulatory factor on dopamine transpoter expression:
Immunohistochemical study in mice brain
第32回日本神経科学大会. 名古屋国際会議場、2009、9月17日 (ポスター)

菅野康太、福家聡、笹川昇、二井勇人、石浦章一
非翻訳領域繰り返し多型を介した転写因子HESRファミリーによるドーパミントランスポーター発現制御の解析
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会.
神戸ポートアイランド、2008年12月10日(ポスター)

菅野康太、島賢志、石田雄耀、山内兄人.
Laterality of serotonergic projections from midbrain raphe nuclei to the forebrain in rats: Immunofluoresence quantitative analysis.
第31回日本神経科学大会. 東京国際フォーラム、2008年7月9日 (ポスター)

菅野康太、福家聡、石浦章一.
転写因子HESRファミリーによるドーパミントランスポーター発現制御の解析.
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会.
パシフィコ横浜会議センター、2007年12月13日(ポスター).

菅野康太、石田雄輝、山内兄人.
中脳縫線核セロトニン神経投射量解析:外側中隔と視床下部腹内側核への投射.
第33回日本神経内分泌学会学術集会. パシフィコ横浜会議センター、2006年10月27日(口頭).

菅野康太、石田雄輝、山内兄人.
外側中隔と視床下部腹内側核への縫線核セロトニン神経投射:二重免疫染色での量的解析 (Quantitative immunohistochemical analysis of serotonergic neurons in raphe nuclei projecting to lateral septum and ventromedial hypothalamus in rats).
日本動物学会第77回大会. 島根大学、2006年9月22日(口頭).

 

国際学会発表
Kanno K. and Kikusui T. (2015)
Male mice ultrasonic vocalization to females and individual differences in it are correlated with sexual motivation and neuronal activity in the ventral tegmental area.
Abstract 247.25 from Oct 18, 2015 Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago, IL(poster).
*presented at Society for social neuroscience 2015, as well (Oct 16).

Kanno K. and Kikusui T. (2014)
Basic relations among song and behavioral parameters
Ultrasonic Communication in Rodents
The University of Tokyo, 21 Komaba Center for Educational Excellence
Aug 4, 2014 (Oral)

Kanno K. and Ishiura S. (2009) Function of transcription factor HESR family on dopamine transporter expression via variable number of tandem repeat.
Abstract 618.26 from Oct 20, 2009 Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago, IL(poster).

 

取得研究費(およびその報告書など)
科学研究費補助金(科研費)については こちら をご参照ください。

Posted in Publication1 Comment » 

関連記事

コメント1件

 profile | 2012.07.08 5:02

[…] 詳細は、SYNAPSE project、research topics、publication、リサーチマップを参照ください。 […]